FC2ブログ

透析家族の嫌われる勇気

旧ブログ名 透析生活日々徒然介護録あらためました。通院透析施設情報はブログ公開禁止命令署名要求をのみました、踏み絵を踏んだ透析家族の介護録です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

透析施設の自主機能評価指標

在宅血液透析の教育をしている透析病院やら、関心をお持ちの医師のリンクを貼らせていただきました。
こちらの記事になります。

その中の尾道クリニックさんが、2016年4月に、自主機能評価指標を公開されています。
ファイルは、こちらになります。

わたしたちは、直接 お世話になっているわけではありませんが、院内の通信内容に興味を持ち、情報をいただいたことがあります。
栄養管理のこと。
医薬品のこと。
シャント管理のこと。
透析生活を送る上で非常に参考になる内容です。

回診時には、薬剤師さんも参加されることがあるようです。
風通しの良い透析環境だと思います。

さて、自主機能評価というものですが、透析学会でも公開を呼びかけています。
透析病院を捜す際の指標になるかと思います。
が、落とし穴はあります。

いくら医師や医療者の頭数が揃っていても、医療の質まではわかりません。
ハード面はわかってもソフト面は、わかりません。
実際にそこで治療を受けてみないとわからないことが、ほとんどです。

リアルな指標としては、患者さんの移動です。
その病院を離れる患者さんが、複数いるような病院は気をつけたほうがいいでしょう。
透析医療に熱心に取り組んでいる病院では、学会発表も盛んです。
深く掘り下げていて、その課題が患者さんのためになるものか、真剣に模索している研究をしている病院なら、まず大丈夫です。

とは言え医療のシロウトには、わかりにくいです。
単位取得のために名義参加。売名などダークな部分も、もしかするとあるのかもしれません。

とりあえずは、通院透析施設の自主機能評価を公開がなされているか、調べてみてはいかがでしょうか。
仮に公開されていなかったとしても、ご自身やご家族に不満や不安がなければ問題ありません。
そしてなにかしら疑問があり、その問いかけに応じてくれるような施設なら大丈夫です。

| 透析病院情報 | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |