FC2ブログ

透析家族の嫌われる勇気

旧ブログ名 透析生活日々徒然介護録あらためました。通院透析施設情報はブログ公開禁止命令署名要求をのみました、踏み絵を踏んだ透析家族の介護録です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

悩ましい

透析チームの皆様

こんにちは。

今朝は寒かった我が家・部屋の温度は21度でした。
透析ママは、珍しく8時過ぎには眼を覚ましていました。
眼をさましていただけで、ベッドからでてきたわけではありません。(=゚ω゚)ノ

火曜日なので透析オフ。
まだ寝ます宣言をして気持ち良さそうに眼を閉じました。

きのう、栄養面で少し心配なことがあり、できるだけ規則正しく起きて、食事は少なくても2回はとってくださいねーと、言われたばかりなのに。
言われた んじゃなくて、言ってもらった。ですね、正確に、気持ち的にも。
なにか言ってもらえるってことは関心を持ってもらえてると言うことですので、ありがたいのです。
そんなことで?
当たり前でしょうが。と言われる向きもありましょうが、実際、なにもリアクションいただけない透析者さんもいるんです。

一度ならず何回も嫌な体験が重なると誰も信じれなくなります。
わたしも体験上、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い心理もわかるんです。
が、せめてスタッフさんは信頼してほしいな。と思うんです。
頼れるようになってほしいですね。
そうすることが結局、自分の心身の健全化に繋がります。
訴えても改善されないとか、スルーされるとしたら、もしかすると患者さん側になにかしら、問題があるのかもしれません。

あんまり、ぐだぐだ言ってるのを聴くと、
人は変らない。
愚痴ってると言うことは、まだ、どこかで期待がくすぶってる証拠。
と言ってしまいたくなります。



ネガティブなお話をしてしまいました。
こういうお話は圏外に飛ばしてください。
期待ができない対象も圏外に飛ばすか削除しスッキリしてほしいなと思います。

すこし前から、透析のお仲間と患者会のことについて話しています。

うちは広島県なのですが、先ごろ 結成された支部情報が気になって仕方がありません。
仮に今、所属の支部患者会が崩壊して個人会員にならざるを得ないとしたら、会費プラス会誌郵送料が発生してきます。
講演会にしてもイベントにしても、遠方まで自分たちで出かけていくことになるでしょう。
もちろん透析のことを学ぶことは大事ですので、それは良いことです。
と、なると、できるだけ会費が抑えられるにこしたことはありません。

そこで、今回、あらたに結成された病院支部のあまりにもリーズナブルすぎる会費情報に眼が釘付け。
こんな金額で運営は成立するのかしらん?というレベルなのです。

しかも、さらに特筆すべきは、病院院長と看護師さんと患者会の関係がすこぶる良いということです。
開院して間がないのか?
それならば、皆さん、気持ちはまっさらで友好的です。
希望に満ちていて医療者としての意識も志も高いでしょう。
なので、ありえます。
この先もその関係を相互で築いていけるかどうかが肝です。
ま、関係者でもない私が、とやかく言う筋合いではありませんが、空中分解目前の患者会を今後、どう立て直していくか>
無理であるなら、今後はフリーになるか。
あるいは、近隣の支部に入部させていただくか?
その条件は?

たとえば、勉強会などにも参加させてもらえるのか。このあたりを調べてみないとねーということで、お話は盛り上がりました。
これまでも何度か、立て直しを図ってきてくださった有志もいたのですが、すでに永眠されました。
話をする場すらないのが現状。
いざとなれば、会場はなんとか用意できそうなのですが。

ここで。
退会していったかつての母のお仲間さん。
透析者さんのお悩みを聴く機会を、どうにかして設けたい。と熱く語っていました。
その提案は、数人の会員さんは今も持ち続けてくださってます。
だから、やはり何とかしなくてはと思うのです。
ただ私の場合、何か発言すると、家族さんなので・・・と、意見は遮断されてしまいます。

家族も第二の患者と言う意識でいるのですが。
都合が悪いと門外漢にされてしまうような気がしてなりません。
首を変えるしかないと思います。
さらに、お話をしていこうと思います。
患者家族でありながら、お話をしていただけることに感謝すると同時に、こんな私を話の輪に加えなくてはいけないほど、危機感があるということです。

上野のパンダ。
香香 シャンシャンに命名されましたね。
元気にすくすくと育って欲しいですね。

ちなみにWWFのマークはパンダです。
我が家の愛用トートバッグは、こちらです。

| 患者会の話題 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |