FC2ブログ

透析家族の嫌われる勇気

旧ブログ名 透析生活日々徒然介護録あらためました。通院透析施設情報はブログ公開禁止命令署名要求をのみました、踏み絵を踏んだ透析家族の介護録です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

召天者記念礼拝

透析ワールドの皆様。いかがお過ごしでしょうか?
昨日、勤務先で少し自由な時間ができました。


ほんとうに、久方ぶりに透析人のブログを読みました。
まずは、ブログ村に行き、ランキングを確認。
よく交流していた方たちは、相変わらず上位ランク。
でも、気になっていた透析ブロガーさん、おひとりはランキングから姿が消えていました。

透析ママのことも、なにかと気にかけていただき、いろいろアドバイスもいただいていた方。
お元気で透析ライフされていることをお祈りしております。

お祈りは、必ず届きますのでね。
私が透析ママとお別れとなった前後、たくさんの信徒さんがお祈りしてくださいました。
くやしかったこと。
いまだに許せないこと。
後悔していること。
全部、受け止めてくださいました。

わたしの場合は、ほんとうに恵まれています。
医療者にも疑問に感じることは話せますし、信仰を持っている方たちにも感情的なお話ができます。
そして、職場にも透析に関係した人がいますので、かなり突っ込んだ話ができます。
また、闘病をしている友人、親戚に心の病を抱えている友人など、とにかく、誰でもそうなのですが、医療や福祉、心理の問題など抱えていることを吐露できる機会がたくさんあるのは財産だと思います。

また、及ばずながら、聴かせていただける立場も大事にしています。
天狗になることなく謙虚な気持ちで。
これは、クリスチャンドクターから学びました。
天狗になった裸の王様が見苦しいのも、トンデモドクターから学びました。
今週の土曜日には、かかりつけ外科医である先生の緩和ケアボランティアに関する勉強会があります。
闘病中の友人と一緒に参加できそうです。

その先には障害者雇用セミナーがあります。
精神科の女医先生の講演会もあります。
とにかく、いまはどんどん知識を吸収し、エネルギーを蓄えておこうと動いています。

先日の、バプテスト教会における召天者記念礼拝。
秋空の清々しい空の下、キリスト教墓苑で信徒さんたちとお祈りをいたしました。
賛美歌を合唱しました。

わたしと透析ママとは永遠にともに生きています。
その想いを新たに、また会えるときを楽しみに毎日生きていきます。
いろんなことに悩みながら、怒りながら、でもどんなことでも生きているという証拠なのですから、感謝しながら。

分かり合えない人を無理やり引き寄せることもなく、だからといって故意に遠ざけたりせず、ありのままに。
自然体で。
なるようになっていくのだと。

きょうは、npo法人の方で勤務があります。
よく笑い怒り問題の起きない日は、まずありませんが、どっこい、それだって生きてる証です。
最後に ありがとうね と一日を終えることができる自分でありたいです。

では、11月11日の召天者記念礼拝の画像をすこしばかり掲載いたします。

181115.gif

| 透析ママ遺族近況 | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |