FC2ブログ

透析家族の嫌われる勇気

旧ブログ名 透析生活日々徒然介護録あらためました。通院透析施設情報はブログ公開禁止命令署名要求をのみました、踏み絵を踏んだ透析家族の介護録です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

低栄養

透析ママは、もう数ヶ月前から食が進みません。

どうしたものか( ノД`)と、気がめいってましたら。
今度は私が食が細くなりました。

いろいろ堪えがたきを堪え、考えを深めていたら、自然と歯を食いしばっていたようです。

顎関節炎になりました。

どんな治療方法があるのかは常連なので承知してます。
めっぽう痛い治療なので自力で

治しちゃうのだ。(*´v`)


昨晩、母が、うなぎご飯をパクパク食べてくれました。
完食です。

やはり、鹿児島より浜松の方がおいしいと言ってます。

そんな母の様子を見ながら、痛みを鎮痛剤で押さえ込んで寝た私です。
んが、お腹がすいて目覚めました。

冷蔵庫からイチゴと甘夏を取り出し食べました。
勢いがついて、お味噌汁やポテサラ、大根の煮たのや、ほうれん草の白和えも食べることが出来ました。
なんだか、体も頭も、しゃきんとしてきました。

深夜の3時のことでした。

医食同源ってことでしょうかね。

きょうは、かかりつけ外科医を受診します。
場合によっては、お隣の薬局で、栄養相談の予約をしてこようかと思っています。
頼れるドクターの講演会があります。


ご近所の方、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

ちょっとぶっきらぼうだけど患者さん想いの熱いお医者様です。

数野博先生の講演会ご案内

後援 エフエムふくやま 福山YMCA

「支え合う社会に!」

奪い合えば不足し、分かち合えば余る

びんご生と死を考える会 代表
ちょう外科医院 院長 数野博先生

4月22日土曜日の午後2時から4時まで
びんご生と死を考える会事務局であります。

福山市野上町3-4-32
090-6842-7519

階段を上がるようになります。
お足元が不安な方は、ボランティアさんたちでフォローいたしますので、ご心配いりませんよ(*´v`)

うちの母もいつも助けていただいてます。
わたしたちも、心の栄養をいただきに参加したいと思います。

| 体調のこと | 05:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たんぱくやらエネルギー強化

透析の世界の皆様、お加減いかがでしょうか?
ご機嫌のほうはいかがでしょうか?
腎友会活動は、お盛んにされてますでしょうか?

開店休業チックな患者会に属する意味合いがあるんだろうか?的な話を、お仲間さんとする今日この頃です。
可能であれば、学べる患者会、あるいは患者家族会に転入したいと思います。

誰か、誘ってくだされ。(・Д・)ノ


きのう、透析ママのための栄養補助食品が届きました。
今の時期、低栄養状態になってる方、いらっしゃるのではありませんか?
1784.gif


そして、フルーツがおいしい季節。
でも、カリウム豊富な果物は、思う存分食べることができません。
そこで、せめて香りだけでも、ということで、桃風味やらマスカット風味のプリンやゼリーのおやつ。
これは、食べやすくて栄養もあるので、良いと思います。

だいたい、これで2か月分くらいですかね。
食べたくない日もあるでしょうから、食べ切ってみないとわかりませんね。
まとめ購入すると送料はサービスしてくださいます。

アールエスという宇都宮の療養食のお店です。
管理栄養士さんもいらっしゃって、勉強会も開催されています。
公式サイトは、こちらになります。

この中の味の素のコーンスープですが、ポテトスープもあります。
ポタージュなので、濃厚で飲みやすいです。
味の素さんから定期購入すると、すこしお安くなります。
エンジョイプロテインも、ケンコーコムさん(通販で医薬品販売の是非で頑張って主張されてる会社です)で購入すると、若干お安くなります。

| 体調のこと | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定期血液検査

透析者のみなさま。
盆も暮れもなく治療ですね。

透析スタッフさんや、信頼できるお医者様もお休み返上で、いつもありがとうございます。
お休み返上とは書きましたけど、ブラック企業じゃあるまいにですね。

ちゃんと、正規にシフト組まれていますよね。
医師の場合は、突発案件があったりで、そうも行かない場合もあるようです。
遠くから来てくださる応援ドクターが、いてくださる。
このことが、現場にとっては大きな安心感です。

さて、昨日もクリスチャンドクターが来てくださいました。
ちゃんと、透析ママのカルテも診て下さって、

アルブミンがあがりましたね。(*^_^*)

と、声をかけてくださいました。
ささやかなことですが、しっかり診ていてくださることが伝わってきて、大きな安心感になりました。

こういうお医者様の背中を見て学び取って育つ医療者は、患者さんからの信頼も厚くなります。
でも、学びは、誰からでも得られるものです。
清濁合わせて飲むことも大事です。

定期の血液検査と、便潜血検査結果です。
透析ママ。

管理栄養士さんや、ダイアライザーの変更をしてくださった技士さんや、運動をサポートしてくれるナースさんのおかげもあり、本人の食べる意欲もプラスして、アルブミンあがりました。
ネオアミユー点滴もしてますしね。
この調子でいけますように。

ご高齢な透析者さんご家族がいらっしゃるお宅では、夏場をどう乗り切るかが課題です。
少量で栄養価の高いもの。
ウナギなんかがそうですね。
毎日は食べれませんけど。

よくあることなんですけど、便潜血は、一度目はプラスになります。
血合いのものは食べないようにと注意を受けますが、きょうびの検査では、人間以外の血液には反応しないそうですね。
二度目は問題なしでした。

痔もないですし。

17815.gif

右側が今月のデータです。
アルブミンあがりました。
パチパチパチv(o゚∀゚o)v

下方データーは、項目が違ってますので。
17711815.gif


| 体調のこと | 14:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CKD患者さん透析者さんと便秘

透析ワールドの皆々様。

おはようございます。(=゚ω゚)ノ
きょうも寒いです。
本日は、オイシックスさんとヨシケイさんの宅配があるので、冷蔵庫を開けて待っとります。

もちろん透析ママは、爆睡中。
きょうは、なんとしても体内浄化をしていただきます。
早い話が便秘状態からの離脱。
お通じ促進。ってことになります。

比較的、本人、おなかの張りもたいしたことがないと、平然としているので、わたしのほうもそんなもんなのかな。と、あまり深刻に受け止めない傾向にあります。
ですが、前日に届いた そらまめ通信を読んでいて、便秘は、あなどれないと想いました。

そういえば、先日来より透析者さんたちと便秘に関する話題がレンチャンであります。

なかなか、便秘薬を出してもらえないという方。
透析中に離脱してトイレに行くこともあるという方。
オリゴ糖を使ってるという方。
ビフィズスサプリを飲んでる方。
それでもお通じには苦労しているという方。
アミィテーザは、すぐに下痢になるという方。
最近、センなんとかという下剤が出たという方。

センノシドですね。

お通じ話に花が咲きました。
そう!
腸内細菌にも花を咲かせれば変わります。

この方法にもいろいろあります。
大腸に多くあるビフィズス菌だけのサプリを飲む。
プラス乳酸菌も入ってるサプリを飲む。
加えて、細菌たちの餌になるオリゴ糖を使う。
その先を提案すれば、乳酸菌生成物質を飲む。

これより先は、そらまめ通信からの情報になります。
CKDさんや透析者さんには大事なことです。

まだ、動物実験の段階だそうですが、アミティ-ザでは、腸内細菌叢の乱れが改善するらしいです。
その恩恵で血液中の毒素の低下もあり、CKDの進行も抑えられるそうです。
ただし、これはヒトでのデーターではないので、あまり期待されませんように。

それに、どんなふうな実験なのかはわかりませんが、人工的にその疾患を作り出して効果効能を調べえることがあります。
健康体の小動物をわざと傷つけてCKD状態にしてしまうとか、感染症にしてしまうとか・・・
すみません。わたくし動物実験、長いこと抵抗感じてるんです。
日々、小さな命の犠牲の上に活かされていることを想わずにはいられません。
野上ふさ子さんの活動を知って以降、つねに悶々としています。
思い切り余談でしたけど。(。´・(ェ)・)

本筋に戻ります。

センノシドという刺激性の下剤について。
長期の使用は、腸管への刺激で腰痛を起こしたり、やがて耐性が生じて効果がなくなるそうです。
効果がなくなるというのは、よくありますし、どんな薬も長く使うと副作用は出てきますよね。
それを、どこで折り合いをつけるかでしょうね。

食事と運動で、スムーズなお通じがあれば一番いいのでしょうね。
思い返すと、まだ、外出を楽しんでいた頃の母は、お通じ問題は深刻ではありませんでした。
下剤は飲んではいたのですが。
そのうちに、下剤を変えたりして、それでもどうにかこうにか。

やがて、森下仁丹さんのHDに出会います。
これで、下剤が手放せました。
1年くらいは、のお話ですが。
それで、今現在は、同じく森下仁丹さんのパールというサプリと、アローゼンという下剤で、促しております。
だんだんと、ベッドで過ごす時間が増えてきたのも、便秘の引き金になっていると想います。

できれば皆さん、お薬はあまり飲みたくないでしょう。
厚労省も減薬を推奨しています。
もしも、どうしても薬を頼らなくてはダメという方は、そらまめ通信によりますと、刺激性下剤よりも、ルビプロシトンなどのような水分で便をやわらかくして排便を即すお薬のほうが望ましいそうです。

あと、プレとプロバイオティクスの両刀使いも大事です。
それと、運動と食物繊維を摂る事。

わたしが、助けてあげられるのは、食事とサプリの用意と、おなかマッサージくらいですね。
運動と言っても、せいぜい足の上げ下げ運動とか、歩行の介助くらいでしょうか。
いま、フィトテラピーに興味があります。
嗅覚という感覚に注目しています。

このことは、アロマテラピーを学んでいる友人と煮詰めていきたいことです。
ハーブの強さにも注目。
我が家には、毎年、どんな環境でもレモンバームや、カモミール、セイジのたぐいが芽吹いてきてくれます。
では、そろそろ母を起こしてきましょう。

by:Zanastardust
148454604_b5514d25d8.jpg

| 体調のこと | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |