FC2ブログ

透析家族の嫌われる勇気

旧ブログ名 透析生活日々徒然介護録あらためました。通院透析施設情報はブログ公開禁止命令署名要求をのみました、踏み絵を踏んだ透析家族の介護録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もうすぐクリスマス

寒くなりました。
透析家族の皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

我が家はクリスマスが近づくと、教会へ気持ちも体も向きます。
恒例です。
今年もまた、透析ママのためのお洋服を探してしまいました。
そして注文してしまいました。

それも冷静に計算高く。
わたしと兼用できるようなもの。

実は、来年から本格的に第二の自宅といいますか、セカンドハウスとでもいいますか・・・
いや、できれば終の住処にできる場所を探していきたいなと考えておるところです。
そんな話も織り交ぜながら教会の皆さんとお話したいなと思います。

親友が建築士なので、このプランで発生する選択では、おおいに頼りにしています。
本人、謙虚に、いやいやいやいや、買いかぶりすぎですよん(=゚ω゚)ノと言い放つのですが。
わたしは、そういう控えめで自己に厳しいところが信頼できると考えているわけです。

実際、なにもできないといいながらも、私の人生の節目で、さりげなく寄り添ってきてくれています。
透析ママも大好きな私の心友。

やっと、できた二人共通の自由な一日にドッグカフェに柴わんこと出かけます。


私には終の住処。
そして元気がほしい人のためには、シェルター的な場所。
私は、雇われて働くのも雇い入れて働くのも苦手です。
せいぜい共同経営が限界かなと感じています。
これまでの経験則も鑑みて。
できれば心友と一緒に。
なので、そういったことも理想に近づけるように、また、大量にある透析ママのお洋服を利用して、造形してみたいものもあります。
とにかく、すべては年が明けてからです。

年末は仕事が入っています。
たくさんの一期一会があるであろう今年最後の12時間は、3ヶ月前までは名前も知らなかった人たちとチームで勤務です。

毎年、透析ママと見てきた紅白歌合戦は、今年からはガラリと違うものになります。
思い出すと、ポロリと来ちゃいそうです。

あなたの娘は、やはり許せない気持ちを持ち越してしまいます。
お母さんは望んではいないことでしょうけれど、わたしは駄目ですね。
牧師さんとお話してても、とても許す気持ちにはなれません。
経緯を知っている医療人の皆さんは、もっともだと理解を示してくれることも、許しの気持ちにブレーキをかけているのかもしれません。しかし、こうして理解を示してくれる存在がいてくれるからこそ、生きていられる部分もあります。
で、なければ、怨念の気持ちを抱えたまま世間に訴えているかもしれません。
憎い憎い憎い人間を、貶めているかもしれません。

では、素敵なクリスマスを迎えてくださいね。

先日、とあるセミナーで、サンタさんと出会いました。
漢字では、三田と書きます。
読み方は、みたではなくて、さんたなのだそうです。
思わず、このシーズン限定の読み方ですか?と、聞いてしまいました。

そりゃないよ。ですって。

171225_20181216101401079.gif



| かつてのの介護人の雑記 | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chizuhime.blog93.fc2.com/tb.php/316-bdaf200d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT